文を敲く

読書記録とその他雑記。2018年11月に「はてなダイアリー」から移転してきました。

評価 -「勝手に選別される世界」

勝手に選別される世界――ネットの「評判」がリアルを支配するとき、あなたの人生はどう変わるのか

勝手に選別される世界――ネットの「評判」がリアルを支配するとき、あなたの人生はどう変わるのか

何年か前に話題になった「評価経済」の議論と基本的な方向性は似ている。本書のポイントはその「評価」が人ではなくgoogleなどが開発した「システム」によって知らない間に行われてしまう時代になるという点にある。

評価経済」的なシステムからは誰も逃れられないという立場に立った著者は、システムにうまく評価されるよう立ち回るためのアドバイスを指南している。しかし、はじめにシステムありきというのはそれこそ人間疎外感が強すぎて空しさを感じる。