文を敲く

読書記録とその他雑記。2018年11月に「はてなダイアリー」から移転してきました。

絢爛 -「黒死館殺人事件」

黒死館殺人事件 (河出文庫)

黒死館殺人事件 (河出文庫)

ミステリーにおける日本三大奇書に数えられる作品である。主人公が繰り広げる衒学的知識に基づいた推理(しかし何度も外す)に振り回されながら読み終える。犯人の確保よりも知識の披露がしたいだけではないのかと途中からは思った次第だ。犯人推理はオマケに過ぎなのだろう。そのためか解説にはきっちり犯人の名前が記されている。

読み応えは抜群、いや手に余るといってもよい。気軽には勧められない本だが、衒学趣味を味わうには最適の一冊だ。