文を敲く

読書記録とその他雑記。2018年11月に「はてなダイアリー」から移転してきました。

現場 -「考現学入門」

考現学入門 (ちくま文庫)

考現学入門 (ちくま文庫)

何年か前に「路上観察学入門」は読んでいたが、その先祖にあたる本書は未読であったことにふと気が付いて読み始めた次第だ。本書は路上観察学会会員の編者が選んだ「考現学」調査報告集である。本書を読めば「考現学」とはどのようなものかが一通り分かるようになるだろう。

火の見櫓から銀座の歩行者など観察対象は多岐にわたる。報告に添えられたスケッチも趣深い。著者が行った調査と同じ手法でもう一度調査をしても面白い発見が得られそうだ。