文を敲く

読書記録とその他雑記。2018年11月に「はてなダイアリー」から移転してきました。

ことば - 「頭の悪い日本語」

頭の悪い日本語 (新潮新書)

頭の悪い日本語 (新潮新書)

細く長く続いている日本語ブームで手堅く稼ごうといった著者の思惑が見え隠れする本である。類書ではまず扱わないであろうことばも取り上げられているので、単純な二番煎じではない。とはいえ「必読」といえるような本でないことも確かだ。

「日本語は生き物」云々といって「日本語の乱れ」という現象を肯定する向きもあるが、全肯定してしまえば罵倒語も差別語も使い放題となってしまうのでそこは考え物ではあると思う。