文を敲く

読書記録とその他雑記。2018年11月に「はてなダイアリー」から移転してきました。

ネットでも読めるが - 「一握の砂」

一握の砂 (朝日文庫)

一握の砂 (朝日文庫)

既に著作権の保護期間は満了しているため青空文庫でも「一握の砂」は読むことが出来る。ではなぜわざわざ本を購入したのか。手元に置いておきたかったからだ。またこの朝日文庫版は初版の体裁を守っているため、ひとつの作品としてのリズム感も楽しむことが出来る。

一度でも我に頭下げさせし 人みな死ねと いのりてしこと

何気ない日常を詠った点では「サラダ記念日」と似ているが、「一握の砂」は起伏が激しいと感じた。それにしても「一握の砂」に影響を受けた人は一体どれだけいるのだろう。私は読了後、早速啄木風のうたを詠んだのだった。