文を敲く

読書記録とその他雑記。2018年11月に「はてなダイアリー」から移転してきました。

奇譚 - 「久生十蘭ジュラネスク」

久生十蘭ジュラネスク---珠玉傑作集 (河出文庫)

久生十蘭ジュラネスク---珠玉傑作集 (河出文庫)

幻想的でありつつも衒学的で、それでいて小説の醍醐味はきっちり詰め込まれた作品ばかりを載せた短編集。私は大抵の本は一気に読んでしまうが本書はそうはいかなかった。余韻を楽しみたいあまり次の短編を読もうとすぐには思えないのだ。何年も寝かせた上質のウイスキーをわんこそばのように次々と繰り出されるかのような感覚に近い。

「葡萄蔓の束」の舞台である修道院の描写が妙に詳しく気になったが、作者が函館出身と知り納得。