文を敲く

読書記録とその他雑記。2018年11月に「はてなダイアリー」から移転してきました。

「職業としての小説家」

村上春樹による自伝的エッセーである。小説家としてデビューするまでの過ごし方や創作の手法などが記されているが、巷に溢れる村上春樹研究本に書かれている以上の情報は私には見つけることが出来なかった。小説と同様に核心はハッキリとは書いていないのだ。とはいえ村上春樹の文体を読み進めることは愉しいものである。